So-net無料ブログ作成
検索選択

0.1の視力が裸眼で運転できるまでに回復!

■いったいどんな、視力回復の方法を実践したのでしょうか?


視力低下の悩み、いろいろあると思います。


「とくかく目が悪いので困っている・・・」
「目を細めるので印象が悪い・・・」
「頭痛や肩こりがひどい・・・」
「コンタクトが面倒だ・・・」
「でも、レーシックは怖い・・・」


いろいろと考えてしまうことあると思います。


そう思ってしまう、あなたの気持ちが
わたしにはよくわかります。


わたしも同じような、
視力低下の悩みを強く抱えていましたから・・・


周りには、
「たかが目が悪いだけで病気ではないでしょ?」
と思われてしまうこともあります。


しかし、本人は真剣に悩んでいるわけです。
日々、困っているんです。


目を細めたり、変なしぐさをしてしまうこともあります。
妙な格好になっている時もあるかもしれません。
見えないので仕方がないのです。


眼鏡をかけて頭痛がしてしまったり・・・
目がドライアイになってしまったり・・・


でも、安心してください!


私がこれから視力回復方法を教えますから。
よいきっかけになっていただければ幸いです



詳しくはこちら


>>> http://www.aacp-ca.com/




■コンタクトや眼鏡をつけ続けた場合、視力が落ちることがある!?


度を上げたコンタクトを使用していても、
視力の限界を感じるようになってしまったのです。


眼科医が言うには、コンタクトや眼鏡をつけ続けた場合、視力が
落ちることがあり、それで落ちた視力はなかなか回復しないとのこと。


だから私は、
「その場しのぎでコンタクトの度を上げ続けるのではなく、
 視力を根本的に上げる努力をしたらどうか?」
と考えるようになったのです。


今までの病院やコンタクトなどで相当出費していましたので、自分に
あまり負担をかけず、時間もお金もかけない方法を見つけ出したのです!


しかも、始めてからたったの3週間で!


まず右目ですが、
0.02→0.04→0.06→0.2→0.4

次に左目ですが
0.03→0.05→0.07→0.1→0.3


という風に視力が回復していったのです。


詳しくはこちら
>>> http://www.aacp-ca.com/




■自分のタイプをきちんと知ることが重要です。


個人差があるようにタイプが違ければ解決方法も違います。


1つの方法ですべての人を解決することは本来出来ないことなのです。


大きく3つのタイプに分けられます。まずあなたのタイプを見極めましょう。


1.動体視力低下タイプ

動きの速い物を見る時に、とくに視力が落ちる方は
動体視力低下タイプです。

普段はある程度見えるが、車の運転等で視力低下が
大きく感じられるような方が多く当てはまるタイプになります。


2.瞬間視力低下タイプ

視点を変えてもすぐにピントを合わせる事が出来ないと
生活が不自由になります。

この視点を変えた際の瞬間視力が低下しているタイプです。

コンタクトをされている方に多いタイプとも言えます。


3.周辺視野能力低下タイプ

周辺視野能力低下タイプの大きな特長はズバリ視野が狭い事です。

白内障や緑内障の場合も同様に視野が狭くなるケースがありますので
間違えないように注意してください。


詳しくはこちら
>>> http://www.aacp-ca.com/

2012-10-02 | 共通テーマ:健康 | 編集
Copyright © いつまでも健康でいたい! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。