So-net無料ブログ作成
検索選択

男女の頻尿/尿もれ/尿失禁の悩みを解決する専門医の自宅治療法

TV『はなまるマーケット』や『スッキリ!』に出演し、
多数の雑誌で注目されている医師が、尿トラブル解決法
男女個別に新しく開発!

◆突然襲ってくる尿意が不安で…
◆夜中に何度もトイレに…
◆終わった後にタラーと垂れてズボンにまでシミが…

そんな人に言えない尿の悩みを、自宅で改善させる、
男女の体を知り尽くした医師だから開発できた療法とは…

http://www.hin-nyou.com



■尿漏れの頻度は年々増加傾向にあります。

日本で行われた過活動膀胱の疫学調査の結果から、
年齢の高い方が過活動膀胱の症状に悩まされている事が理解できます。

それは、加齢に従い、筋力や様々な機能に変化がおこることで、
排尿コントロールが難しくなってしまう事が原因の一つといわれています。

過活動膀胱の症状は、命には別状はないですが、
日常生活には大きく影響し、症状が重くなるにつれ、
生活の質が低下してしまう事は良く知られている通りです。

また、実は10代~20代でも、尿トラブルを抱えている方がいます。

生活が便利になるにつれ、筋力を鍛える必要がなくなり、
またストレス多い現代では、若いうちから、心因性頻尿や
過活動膀胱など症状に悩まされている人が年々増えているのです。



■男女別々の『頻尿・尿漏れ・尿失禁』治療法を発表!

もしも、あなたが

「尿漏れをなんとしても治したい」
「トイレの回数を早く減らしたい」

と思っておられる方に、


男性の方は、

・男性の泌尿器の構造とおしっこの関係
・男性の骨盤内の臓器を支えている筋肉を説明
・前立腺と膀胱に溜まった尿との関係
・尿道に溜まった尿を、すっきり出す方法
・排尿トラブルを改善する筋肉を強化して、勃起力も強化するトレーニング法

など、男性に特化した内容となっています。


又、女性の方には、尿トラブルのタイプ別に解説し
原因を取り除き根底から改善させる、

・膣トレーニング
・フランス式の骨盤底筋トレーング

などを含む治療法をお教えします。


その他にも、

「食事による改善法」
「おしっこの後、しまったあとに出てくる尿をなくす方法」
「再発しないための予防法」

まで具体的にお伝えします。



■あなたが実践するその改善法、間違っていませんか!?

多くの患者さんが早めにトイレに行く事を心がけていると
思いますが、実は、頻繁に行けばいくほど、悪循環になります。

なぜなら、早めにトイレに行く習慣が付くと・・・

●しっかりとおしっこを出しておこうと、踏ん張って
おしっこを出すクセがつき、筋肉を弱めてしまう・・・

●膀胱に少ししか溜まっていないにも関わらず、トイレに
行けと脳の命令が働いてしまい、トイレの回数が増える

●膀胱に尿をためる力が衰えていくなど、悪循環を
引き起こすのです。


また水分を飲まないようにしていませんか!?
体の中の水分量が減ると・・・

●脱水を起こす危険がある

●尿路結石になりやすい

●血液がドロドロになりやすいので高血圧・脳卒中・血栓
など血管の病気になりやすい

など、尿のトラブル以外の症状を起こす危険もあります。



■薬服用することだけが尿トラブルを改善する方法ではない。

自分で意識し、必要であれば生活パターンを
変化させることが非常に重要なのです。


本来、人間には恒常性維持機能というものがあり、
それは、今ある状態をできるだけ大きく変化させない為に、
バランスを保つよう働くものです。

何気なくしていた排尿の習慣が、ゆっくりと徐々に変化していき、
ある一定ラインを超えた時に、困るという状態になるのです。

でも、自分でも認識しない程度に小さな変化が起こっていたので、
身体がその変化をあまり重要視しなかった結果、気が付けば
困る状態に至ってしまったのです。

ですので、新しい排尿コントロールを手に入れるのは、
時間が係ることも多いです。

しかし、手に入れることができれば、自分に自信が持てるようにもなります。

人によっては、そういう意識で生活するだけで改善される場合があり、
また、薬を服用する期間も短くできる可能性も高まるのです。


排尿のコントロールは、自律神経支配なので、本来、
意識しなくても、充分に発揮できるはずです。


詳しくはこちらから

http://www.hin-nyou.com


2013-12-10 | 共通テーマ:健康 | 編集
Copyright © いつまでも健康でいたい! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます