So-net無料ブログ作成
検索選択

1週間で乱視を治す方法。乱視で0.2だった視力が1.0まで回復!

乱視患者さんの88.8%が、その場で乱視を矯正し、視力を
回復した方法を、自宅でできる乱視改善エクササイズとして発表!


【目の美容室】を開業して20年、3万人以上の患者の目の悩みを
解決してきた先生が発表した、レーシック不要のメスを使わない
乱視改善のある方法とは・・・

あなたの目の健康をしっかりサポートするならコチラ



レーシック手術は怖くてしたくないけど、

◆ものがよく見えるように乱視を治したい!
◆ぶれて見える乱視を克服したい!

もし、あなたが、そう思っているのでしたら
この情報は相当お役に立てると思います。


『視力の専門家』が発表した、早ければ
1週間で乱視を自力改善させる方法を紹介します。
この情報で、あなたの乱視の常識は一変すると思います。



~~~先生からのメッセージ~~~

■レーシック手術せず、裸眼でクッキリ見えるまでに回復!

あなたは、以下の項目にあてはまりますか?

・子どもの頃は、乱視ではなかった。
・眼科の診断では「不正乱視」ではなかった。
・近視や遠視とともに、乱視になった。


このような状態ならば、あなたの乱視は
自力で治る可能性が非常に高いです。


「乱視がそんなに簡単に治せるはずがない。」
そんな声が聞こえてきそうですが心配はいりません。


20年間の長きに渡る目の治療の中で確率した
ある方法なら、その常識を覆す事ができます。


勿論、患者さんに実践して貰い、数週間後には、

>> ものが徐々によく見えるようになり、
>> 視力も向上し、

乱視でぶれて見えていた視界が、徐々にはっきりと
視えるようになったという多数の実績もあります。


その患者さんはメガネもコンタクトも必要なくなりました。
もちろん、手術などは一切していません。つまり、事実上、
不可能とされてきた短期間で乱視を改善することに成功したのです。


通常、乱視を改善するには、メガネやコンタクトを使用するか、
レーシックなどの手術を行う、というが一般的です。しかし、
この乱視改善法は、一切お金をかけず、それも自宅で
乱視を治すことができるのです。


その画期的なある方法は、マキノ出版「ゆほびか」
2009年5月号と11月号で特集が組まれ、読者様からの
問い合わせが殺到し、更にマキノ出版主催により
2時間のセミナーで紹介され、大反響を呼びました。


そして、その年の12月6日にマキノ出版本社ビルで行われた
セミナーでは、参加募集人数を大きく上回る申し込みがあり、
2時間という短時間の中である方法が実践され、目に近視や
乱視、飛蚊症などを患っている人の、実に88.8%の人の目が、
その場で良くなったのです。その画期的なある方法とは・・・

あなたの目の健康をしっかりサポートするならコチラ



■ 乱視にレーシックは必要ない!

レーシックによる手術の場合、乱視の状態を調べた後に、
乱視の原因となっている歪みの分を角膜を削ることによって
メガネやコンタクトで矯正を行う程度まで回復すると言われています。


しかし、手術というと誰もが抵抗を感じてしまうものです。ましてや
視力という大切な視産(しさん)を一生失ってしまうかも知れない、
というリスクも伴いますからね。

私のところに相談に来る人たちもほとんどがレーシックによる手術を
行うことに抵抗を感じ金銭的に、そして何よりも失敗を恐れ悩んでいます。

「どうしても乱視を治したいけれどレーシックによる手術は失敗が怖い…」
「金銭的負担も大きく、信頼出来る眼科が分からない…」

あなたもこんな気持ちになったことはありませんか?


最近では、レーシック手術を行う眼科も増え、値段も徐々に
下がってきてはいますが、それでも数十万円の費用がかかり、
何よりも、取り返しのつかない失敗の恐れがあります。


実際に近年「レーシックによる手術を行い失敗した」という
被害者も増えてきているのです。つまり、レーシックによる手術で、
100%乱視が治る!と断言することはできないのです。


ですから、物理的なメガネやコンタクトで我慢している人も
大勢いるのだと思います。レーシックによる手術と言えば、
誰もが永久に乱視が治ると思っているかもしれません。


しかし、レーシックによる手術後には【戻し現象】と言って、
今までの乱視が少し戻ってしまう現象が何割かの確率で
発生してしまうのです。


レーシックによる手術が終わると、すぐに見えるようにはなりますが
最初の2~3日は、今までの光がとてもまぶしく感じます。また、
レーシックによる手術後に、3ヶ月くらいは紫外線を浴びないように
外出するときには専用のメガネが必要になったりします。


そして、レーシックによる手術の効果は半永久的にあるわけでは
ありません。大手の眼科での保証期間は15年くらいになっています。


こんなことでは、乱視が治ったことにはなりません。さらに失敗する
リスクもあり、そうなってしまうと取り返しがつかなくなってしまいます。


それでもあなはレーシックを試しますか!?



■本当の乱視の原因

私の長年の研究によれば、本当の乱視の原因として
考えられるものは以下の2つです。

・血流障害
・生活習慣

しかし多くの方は、この事実を知りません。
ほとんどの人は、この原因を・・・

「目の使い過ぎ」
「親の遺伝」

と答えるでしょう。しかし事実は違います。


遺伝や目の使いすぎで乱視になるのではなく生活習慣によって
引き起こされる血流障害が乱視を及ぼしているのです。


この事実を踏まえ、具体的に説明していきます。


あなたが起きている間、体の中で一番使用している部分は
実は目なのです。見ることは、その焦点を合わせたり、光の量を
調節したり、目の周辺にある筋肉、つまり眼筋を使っています。


この眼筋は1日に約10万回以上も運動しているのです。そして、
目のまばたきも1日に約17,000回前後繰り返されています。
そうすると、眼筋には乳酸がたまってきます。


この眼筋に酸素や栄養がうまく運ばれないと乳酸が分解されずに
目の機能が低下し、目の「かすみ」や「ぼやけ」などの症状が出てきます。


さらに、この眼筋は目自体を支える筋肉が弱ってきて、水晶体や
角膜の歪みやひずみを生じさせ、乱視を引き起こしてしまうのです。


この眼筋に酸素や栄養を運んでいるのは血液なので、この血液の
流れ(血流)がスムーズにいかないと、目に障害が発生するのです。


以上のことから血流障害によって乱視になってしまうという
流れをご理解頂けたと思います。


「では、どうやって、血流障害を正せばいいの?」と、
次の疑問が沸いてくると思います。


血流障害は、あなたの生活習慣によって発症します。例えば、
不規則な生活習慣が引き起こす睡眠不足や不定期な食事時間、
偏った食事による栄養不足や運動不足です。


さらに、ストレス、自律神経失調症、胃腸の硬化や目の酷使による
眼精疲労などによって、目の周りだけでなく、全身の血流や血流量が
不足して、乱視の症状を出しているのです。


はじめは、私も目の周辺だけの手当てをしてきました。しかし、そうすると
回復の早い人と遅い人がいて、その理由がわからなかったのです。


そこで、乱視を治すには、目の周りの施術だけでなく、全身の
手当てをすると改善のスピードが飛躍的に伸びる事がわかったのです。


多くの人は、そういった知識がなく、あまり深く考えず
間違えた方法を繰り返しています。正しい方法さえ知っていれば
自然と乱視は改善されます。


あなたも、この方法で乱視を治してみませんか?


この方法には、何も難しいことはありません。
おおまかに言うと、たった3つの事を実践するだけです。


(1)まずは、乱視の本当の原因をしっかり理解する。
(2)ある方法で血流障害を改善し乱視を改善する。
(3)乱視の根元を断ち、再発しないようにする。


たったこれだけです。


もう目を細めたり、急いでメガネを取り出して見る必要は
ない事実を実感するでしょう。詳しくはこちらをご確認ください。

あなたの目の健康をしっかりサポートするならコチラ



■乱視の改善方法の秘密のすべてをDVDに収録

では、具体的な改善法の概略を一部ご紹介しますね。


◆小学生でも出来る方法で乱視が回復する秘密とは?

これを実践すると、どんなに酷い乱視の方でもすぐに実感して
いただけます。もちろんメガネやコンタクトも一切必要なくなります。


◆メガネやコンタクトレンズが乱視に与えるメリットとデメリットの真実

視界が悪くなった時点で、まず誰もが眼科へ行き、自分の症状に
合わせたメガネやコンタクトレンズを購入します。しかし、手軽に
使えるメガネやコンタクトレンズにもメリットとデメリットがあるのです。


◆乱視回復を行わなくてはいけない医者が教えてくれない理由とは?

歳を重ねると乱視に、更なる症状が伴います。乱視回復法を
今すぐやる事にはとても大切な意味があります。


◆血流を改善させ乱視の根元を取り除く方法とは?

乱視の根元は血流障害だというお話しをしました血流を活性化させ、
あなたの乱視をみるみる回復させていきます。


◆レーシックを行う前に、必ずしなくてはいけない事は?

レーシックなどの手術は、何度も行う事は出来ません。もし、あなたが
手術をお考えなのであれば、是非この方法を実際に試してからにして下さい。


◆88.8%がその場で乱視回復した刺激とは?

皮膚や筋肉や骨へ刺激を与えることによって脳へ良い影響を与え
自律神経を整えることによって乱視が回復していくのです。


◆目に関わりの深いある部分を強化して乱視を回復させる方法とは?

乱視を回復するには、目や目の周りだけに意識していないでしょうか?
実は、目と関わりの非常に深い身体のある部分を鍛えることで、乱視を
回復することができるようになります。


◆乱視を回復させる14のポイント

あなたの身体にある14の経絡を正しく刺激することで、自律神経を
正常化して、乱視の回復をさせます。


◆乱視の回復を助ける重要な食品とは?

ブルーベリーなど目に良いと言われている食品はありますが、
乱視回復に本当に効果のある2つの栄養素を紹介しています。


◆乱視の原因である血流障害を改善する手軽な運動法は?

血流障害を改善するには、それを解決する正しい運動が
必要になります。血行を良くして、乱視を回復する方法がわかります。



以上のことを知れば、あなたの血流は改善され目に十分な栄養分と
酸素を供給出来ることになり乱視が改善されることになります。


もう煩わしいメガネやコンタクトをし続けることも、失敗の恐れもある
高額なレーシック手術を受ける必要もありません。


二重に見えたり、ぶれて見えたりすることに悩む必要もなくなり、
はっきりした視界が手に入り充実した、素晴らしい生活を
送れるようになるのです。


乱視になる人、乱視にならない人、それは今までお伝えした方法を
知っているか、知らないか、それだけの違いだったのです。
自然とこの方法を実践している人は、乱視になることもありません。


つまり、知識さえあれば乱視改善は可能なのです。


あなたも日々、このエクササイズを実践していくうちに、自然と
「あれ?視界がハッキリしている…」と実感するでしょう。


目が良く見えるという事は本当に世界が変わりますよ。

あなたの目の健康をしっかりサポートするならコチラ





※『アイケアサプリ』を併用していくことで、瞳の働きに良い
 栄養成分をしっかりと摂取し、大切な目をケアすることができます。

 今なら、クリアな毎日を応援してくれる限定キャンペーンも始まっていますので、
 下記アイケアサプリの公式ホームページを、早めにチェックしてみてくださいね。








2013-12-20 | 共通テーマ:健康 | 編集
Copyright © いつまでも健康でいたい! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます