So-net無料ブログ作成
検索選択

花粉の季節は気管支にもご注意ください

今年の花粉予想は、例年よりも早く、
花粉の飛散量が多いと予想されています。


当然、花粉症やアレルギー性鼻炎に気を付ける必要が
ありますが、もう1つ気を付けていただきたいのが、気管支です。


というのも、花粉症とアレルギー性鼻炎、さらに気管支喘息
この3つは、非常に深い関わりがあり、最近では類似した病気と
考えられています。


その証拠に、2010年に行った約2万人を対象とした全国調査では、
アレルギー性鼻炎の患者さんの1/3に喘息症状があり、逆に、
喘息の患者さんの2/3にアレルギー性鼻炎の症状があったのです。


それにこの数値は年々増加傾向にありますので、
今ではもっと増えている可能性が高いです。


ではどうして、アレルギー性鼻炎と喘息を同時に
発症するのでしょうか?


それは、鼻(鼻腔・上気道)と気管支(下気道)が、
空気の通り道として繋がっているからです。

花粉が鼻の粘膜を刺激して、鼻がグジュグジュと
炎症を起こすと、その刺激や炎症が気道に伝わるため、
気管支が刺激されて咳が出るようになるのです。


さらに、寝ている時などに起こる、鼻水が喉に流れ込んでしまう
後鼻漏で、気管支が炎症を起こしてしまうケースも多く、
花粉の季節になると、鼻の不調だけではなく、喉の不調を
訴える人が増えるのです。


あなたも花粉の季節は、外出すると喉がイガイガしたり、
夜眠ると咳が出るなんて経験はありませんか?


それは少なからず、気管支が花粉の影響を受けている
可能性が高いです!


自宅で簡単!呼吸が楽になる喘息改善エクササイズはこちら


2015-01-28 | 共通テーマ:健康 | 編集
Copyright © いつまでも健康でいたい! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます